音又空間’

趣味全開!DTM、シンセサイザー、エトセトラエトセトラ…

【お絵かき】イラストを描きたい人向けのiPadのオススメモデル4つをピックアップ!【性能比較アリ】

どうも音又です。

先日お絵かき用としてiPadが欲しかったのでいろいろ調べていたのですが、なかなか全体を網羅して紹介・解説している場所が少なかったので、

今回は『絵を描く』という部分にスポットを当てて、オススメのモデルとその機能比較をしてみたいと思います。

 

 

Apple Pencilは必須!

f:id:otomata:20190927132645p:plain

(画像は公式ストアより)

まずモデル比較をしていく前にある程度知っておきたい前知識をいくつか解説しておきます。

最初はApple Pencilについて!重要です!

 

最近はスマホやタブレット向けのスタイラスペンもいろいろ出てきているので使いやすくはなっていますね。

 

ただやはり『満足にイラストを描きたい!』というのであれば間違いなくApple Pencilは必須です。

描きやすさやレスポンスの良さなど、他のスタイラスペンと比べるとその差は圧倒的です。

 

世代違いで2種類あります

次にモデルの違いにも触れておきます。

現在Apple Pencilは第1世代と第2世代の2種類が販売中です。

第1世代

f:id:otomata:20190927133437p:plain

(画像は公式ストアより)

全体的に丸く、スラッとしたデザイン。

充電は有線で、付属のアダプタ経由でLightningケーブルをつなげて充電か、

もしくはiPadのコネクタ部分にぶっさせば充電できます。(この場合残念ながらビジュアル的にはかなりAppleみに欠けた状態になります…)

 

第2世代

f:id:otomata:20190927133452p:plain

(画像は公式ストアより)

全体的に丸いデザインは継承しつつも、フラットな面があるので転がり防止になったりします。

充電やペアリングはiPadにピタッとくっつけるだけでOKなのでかなりスマート。

 

 

描き心地についてはもちろんどちらも高感度でクオリティはバッチリです。

 

【注意!】世代によって対応するデバイスが違います!

ここで気をつけるポイントなのですが、この2種類のApple Pencilは対応しているデバイスがそれぞれ異なるのでApple PencilかiPadどちらかで

「どうしてもこのモデル(世代)が使いたい!」っていうのがある場合は注意してください。

対応機種に関しては後述します。

 

 

フルラミネーションディスプレイかどうかも重要!

こちらも描き心地を出来るだけよくしたいのなら重要になってきます。

 

フルラミネーションディスプレイは従来の方式で加工されたガラス面が厚めのディスプレイと比べると、実際に触れている部分と画面上での反応位置のズレ(視差)をかなり抑えることが出来ます。

要はこの仕様があるとより紙に描いてる感じに近くなります。

これがApple Pencilと加えてiPadがお絵かきに良い!と評価されている理由の1つなんじゃないかと思います。

 

視差に関してはこちらのブログでわかりやくす比較や解説がされていたので気になる方は参考にしてみてください。

ipad.hateblo.jp

 

各モデルのフルラミネーションディスプレイの有無についても後述します!

 

長く使っていきたいならiPad Pro一択です

さて、そろそろオススメ紹介にいきたいところなのですがこの記事を見ている人の中には

「こまけぇこたァいらねぇ!一番いいやつを教えろ!!」

 みたいな人もいると思うので最初に一番オススメなのを言っとくと

やはりiPad Proです。これは間違いないです。

 

iPad Proといえどディスプレイサイズが12.9インチ、11インチと2種類あるのでどちらか選ぶ必要はありますが、

作業スペースの広さなどを考えればガッツリやりたい人はやはり12.9インチがいいんじゃないかと思います。

また12.9インチはそれなりに本体サイズも大きくなるので、もう少し携帯性などが必要なのであれば11インチといった感じでしょうか。

 

まぁどちらにせよそれなりの大きさはあるので、 この辺は実際にアップルストアや家電量販店などで触ってみるのが良いかと思います。

 

ただiPad Proの難点を1つ上げるとすれば圧倒的にお金がかかる点です。

f:id:otomata:20190927135309p:plain

iPad Proの11インチで最小構成にしたとしても税抜で89800円になります。

それでもこれだけの価値は間違いなくあるものなので、財布と相談しつつ本当に欲しいのであれば、ちょっと我慢して貯金してから買うくらいしてもいいと思います。

 

 

www.apple.com

 

 

お絵かきにオススメのモデル

ではおまたせしました。

お絵かき用途で使う場合にオススメなiPadのモデルの紹介をしていきます。

 

iPad Pro 12.9インチ(第3世代)

12.9インチの大画面で、選択できる容量のバリエーションも多いです。

お金に余裕さえあればこれを選べば間違いないですね。 

 

 

iPad Pro 11インチ

同じくiPad Proでこちらは11インチ。

12.9よりは価格抑えめで購入出来るので画面サイズはそんなにいらなくて、もう少し安くでProを手に入れたい人にオススメですね。 

 

 

iPad Air(2019)

久々に新型の出たiPad Airです。

 ディスプレイも10.5インチの程よい大きさで、スペックもPro程ではないですがある程度高め。

価格も比較的手頃で手に入れやすいですね。

 

 

iPad(第7世代)

 所謂「無印」などと呼ばれているタイプのやつで、現在販売中のiPadシリーズの中では一番価格が安いです。

前の第6世代とそこまで大きな性能差はないように感じます。

スペックは低めになるのでiPad(第6世代)でもそうだったのですが、「メインで張って使いたい!」みたいな用途には不向きなんじゃないかと思います。

(ちなみに記事を書いた2019年9月27日現在ではまだ予約中です!)

 

 

 

各モデルの性能比較

  iPad Pro
12.9インチ
iPad Pro
11インチ
iPad Air
(2019)
iPad
(第7世代)
 
価格

WiFiモデル

111,800円(税抜)から

 

WiFi+Cellularモデル

128,800円(税抜)から

WiFiモデル

89,800円(税抜)から

 

WiFi+Cellularモデル

106,800円(税抜)から

WiFiモデル

54,800円(税抜)から

 

WiFi+Cellularモデル

69,800円(税抜)から

WiFiモデル

34,800円(税抜)から

 

WiFi+Cellularモデル

49,800円(税抜)から

ディスプレイ 12.9インチ 11インチ 10.5インチ 10.2インチ
容量

64GB

256GB

512GB

1TB

64GB

256GB

512GB

1TB

64GB

256GB

 

32GB

128GB

 

対応する

Apple Pencil

第2世代 第2世代 第1世代 第1世代

フルラミネーションディスプレイ

-

 

いろいろ比較する点はありますがだいたいこの辺が見ておきたいポイントかなーってとこをピックアップしてみました。

 

価格、容量などはもちろんですが、やはり絵を描くのであれば

『ディスプレイ』『対応するApple Pnecil』『フルラミネーションディスプレイ』

辺りはじっくり比較検討したいところですね。

この辺りは使用感や描きごこちにもかなり関わってくる部分だと思います。

 

www.apple.com

 

【おまけ】ペーパーライクフィルムもあるとなお良し

実はこれで結構変わるんですよね。

iPadの画面は表面がツルツルしているので、これにペーパーライク(紙のような)フィルムを貼ることで辺に滑りすぎることなく、まさに紙に鉛筆で描いているような感覚に近づけることが出来ます。

 

そんなに高くもないので気になる人は是非試してみてください。

 

 

余談ですがフィルムやカバーを購入する際はサイズに注意してくださいね!

僕はこれで何回かサイズの合わないカバーとか買ってやらかしてます…w

 

↓こちらではよく売ってるフィルムを比較しています。

rocketnews24.com

結構ガッツリやってて細かく違いがわかるので参考にしてみてください。

 

おわり

はい、ではこんな感じで書いてみました。

お絵かき目線でのiPad比較記事もそれぞれのブログで評価が違かったりもするのでこの記事だけでなく、他にもいろいろ見てみると良いかと思います。

また、ネットで見るだけでなく実際にお店に行って触ってみるのも大事ですね。

 

では今回はこの辺で!さいなら。