音又空間’

趣味全開!DTM、シンセサイザー、エトセトラエトセトラ…

CUBASEが終了時にフリーズする問題と一応解決策【備忘録】

どうも音又です。

 

僕の環境では数年前からCubaseを終了しようとするとフリーズするという謎バグに悩まされています。

いい加減嫌なのでネットやTwitterで調べてみると思った以上に同じ症状で悩まされてる人がいるみたいで「これうちの環境云々だけじゃなくね…?」ってなってきたのでもう少し突っ込んで調べてみることにしました。

 

今回はそんな中でわかったことをいくつか書き留めておきます。

 

 

CUBASEがフリーズ・クラッシュする問題

f:id:otomata:20210312143021p:plain

全然関係ないけど昔ポップ体で作ったCubase起動画面

まず起こってる問題について改めて書きますが、問題が発生する流れとしてはだいたいこんなかんじ。

 

Ctrl+QやxボタンでCubaseを終了しようとする

プロジェクトなどの画面は閉じるが上のツールバーなどが表示されたまま

それ移行xボタンやタスクバーから閉じるを押しても反応なし。

タスクマネージャーをみると「応答なし」の文字。タスクマネージャーから強制終了すると消える

 

そして強制終了後はそれまで設定した環境設定や最近使用したプロジェクトの履歴などが残っておらず、プロジェクトファイルから直接開いたりする羽目になります。(これが結構面倒)

 

DAWでこういった問題が起こる場合大体使用しているプラグインの相性やプロジェクト自体が重い(沢山プラグインやデータが扱われている)などが疑われますが、

僕の場合はシンセを立ち上げただけとかオーディオをインポートしただけとかみたいなプロジェクトでも頻繁に起こるので、なにか特定のプラグインが悪さをしているというわけでもなさそうです。(実際この問題が起こっている他の人もほとんど同じような状態らしい)

 

そんでもって次からは実際にネット上で調べた中で「これかも…?」と言われている解決策を書いていきます。

 

なお、これらは公式から出た情報ではなくあくまでネット上で有志で見つけられたものなので最適解とはいえませんし、

それによって別の不具合が発生する場合もあるので、保証はできません。ご注意を。

 

その1「MSVCP120.dll」を消す

MSVCP120.dllってのはアプリケーションなんかを動作させる際に必要なライブラリの一つだと思われるのですが、

Cubaseの終了時にそいつが引っかかってフリーズしているのでは?とのこと。

ロケーションについては

C:\Windows\System32

C:\Windows\SysWOW64

この辺にあります。

 

そんでそのMSVCP120.dllを消す、別の場所に移動する、仮の別名に変更して保存するなどしてCubase側から認識できないようにすれば解決するというもの。

 

しかしこれの問題点としてはMSVCP120.dll自体は他のアプリケーションでもよく使われているので、それらが動作しなくなったり、他のアプリケーションをインストールする際に再び生成されたりといったことが考えられます。

実際同じDTM関連でもNative Instrumentsなどの音源がMSVCP120.dllを使用しているらしいのでそれらの音源が動作しなくなる可能性があります。

 

いくらDAWがまともになったからって音源が動作しないのはちょっとキツイのでこれは試していません。

 

その2「rewire.dll」を消す

RewireはCubaseとその他音源をリンクさせるための規格で、有名所ではReasonやFL Studioなんかと繋げたり出来るのですが、

そのためのライブラリ「rewire.dll」が悪さをしているのでは?とのこと。

ロケーションについては

C:\Program Files\Common Files\Propellerhead Software

ここにあります。

 

これを先の「MSVCP120.dll」同様に消したりリネームすることで対策するというものです。

 

これの問題点はReasonなどのRewireを必要とするアプリケーションを使用している場合はそれらが使えなくなってしまう点です。

またRewireはAbleton Liveなど他DAWでも使える機能なので、それらのDAWをインストールする時に再度生成されたり、動作に問題が起こったりする可能性も考えられます。

 

これに関しては僕がRewireを使ってないのでとりあえず試してみてます。

まだ適用してすぐなのでもう少し様子をみてから効果がありそうなら追記します。

 

[210314 追記] 普通にフリーズしました。

 

苦し紛れの解決策 (21/04/29 追記)

どうにも終了時にクラッシュするので、試行錯誤した結果ちょっと面倒ですが解決策を見つけました。(21/03/17追記)

 

少しの間このやり方で誤魔化せていましたが、最近になってプロジェクトを閉じるだけでもクラッシュすることが多くなってきた為この方法もあまり有用ではなくなってきているかもしれません。Steinbergくんどうにかしてくれ…(21/04/29追記)

 

まず作業中のプロジェクトを閉じます。(アプリケーション終了じゃないよ)

そして新しく空のプロジェクトを作成し、開きます。

ここでなにも弄らずにそのままアプリケーションを終了。(Ctrl+Q)

 

とりあえずこれでクラッシュせずにアプリケーションを終了することが出来ています。

"今のところは"ですが…

 

ただし、これの問題点は運が悪いとプロジェクトを閉じた段階でクラッシュしたりするので結局同じ結果になってしまうところですかね(絶望)

 

再インストールは効果なし

こういったアプリケーションの不具合が起こった場合によく推奨される再インストールですが、この問題についてはあまり効果がないようです。

 

実際僕も何度か再インストールをしていますし、何ならPC本体すら別のものに変えてますが、それでも発生してます。

 

参考にしたとこ

これらの情報を調べる時に参考にしたやつです。

forums.steinberg.net

他にもいろいろ見ましたが、ここが一番活発でいろいろ書かれてます。

今回は書いていないCubaseの互換性起動や、Steinberg hubのオフなどについても触れられています。

 

おわり

てなわけでCubaseのフリーズ問題についてでした。

ぶっちゃけこれ僕がCubase 9を使ってた頃からずっと存在しているバグで、最新のCubase 11でも健在なので、少なくとも3~4年ちょっとは公式に放置されてるというかなり厄介なやつです。

早いこと公式による対応をしてもらいたいですが、いつになることやら…

今回書いた解決策や原因についてや、他にも試したことなどありましたらコメントで教えていただけると助かります。

 

では今回はこの辺で、さいなら。