音又空間’

趣味全開!DTM、シンセサイザー、エトセトラエトセトラ…

BluetoothスピーカーはJBLの『Flip』が最強だと思う話【オススメ】

f:id:otomata:20191020170205j:plain

どうも音又です。

 

今回は

Bluetoothのスピーカーを探してるけどオススメってないのかな

よくオススメのBluetoothスピーカーとして紹介されてるFlipシリーズってどうなの?

という人に向けてJBLのBluetoothスピーカー『Flip』シリーズを紹介していこうと思います。

 

今回紹介するFlipシリーズは僕自身ガッツリ使っているもので、1年くらい前に買ったやつですが、

あまりにも便利で音も良いので、使用頻度は本当にほぼ毎日って感じになってます。

 

また、購入する前に他のメーカーやモデルのBluetoothスピーカーもいろいろ聴き漁っていたのですが、個人的にはこれが一番音のバランスが良かったんですよね。

 

とまぁこの辺の実際に聴き比べて検証した情報や、今まで使ってきた感想も踏まえつつ紹介をしていきますね。

 

 

 

 

Bluetoothスピーカーは『JBL Flip』が最強だと思う話

JBL Flip5 - サウンドハウスへ

では本題に入りますが、

まずこの『Flip』シリーズについて説明しておくと、

JBLというメーカーの出しているBluetoothスピーカーのシリーズで、2019年10月現在では『JBL Flip5』が一番新しいモデルですね。

ちなみに僕の使用しているのは1つ前のFlip4です。

 

 

 

次にこの『Flip』シリーズをオススメする理由ですが

  • 音がいい
  • 防水機能がある
  • 充電持ちが良い
  • コンパクト

こんな感じです。

 

ではひとつひとつ見ていきましょう。

 

音がいい

なんだそんな単純なことかよ」とか思うかもしれないけど音質って大事ですよね。

 

まずこういうBluetoothスピーカーとかコンパクトスピーカーの音質で割とありがちなのが、低音周りの問題なんですよね。

 

基本的にこういうのって

低音が出て無くてカッスカスの音が出る

低音を無理矢理出そうとして全体のぼやけたような音が出る

とかなんですが、

この『Flip』シリーズにおいては本当にバランスがいい音が出るんですよね。

 

これはJBLのBluetoothスピーカーが良いというよりも、

僕の聴く限りこの『Flip』シリーズだけが唯一出来ていることなんじゃないかと思います。

 

同じJBLのBluetoothスピーカーでも『Charge』シリーズとか『GO』シリーズとかありますが、どれも『Flip』シリーズほどバランスのいい音になってないんですよね。

 

【商品ページ(参考)】

JBL Charge3 - Amazonへ

JBL GO2 - Amazonへ

 

例えば『Charge』シリーズなんかは『Flip』シリーズよりも値段も高いですし、サイズも大きめなんですけど明らかに低音が出過ぎで音がボヤけてるんですよ。

 

なんで全部のモデルで『Flip』シリーズみたいな出音目指さなかったんだ?

とか思ってしまうくらいです。

 

 

防水機能がある

これもあったら嬉しい機能ですね。

ちなみに僕はそもそもお風呂で聴く用のスピーカーを探してたのでこの機能はマストでした。

 

規格的なところで見ると、

『Flip』シリーズの現在一番新しい『Flip5』であれば"IPX7"ですね。

このIPX7というのがどれくらいのレベルかと言うと

水深1mのところに30分くらい沈めても機器として機能する

みたいな基準になってるので、

お風呂や野外で使う分には充分すぎるレベルですね。

 

 

充電持ちが良い

これもありがたい部分です。

公式の説明でも3.5時間くらい充電すれば、約12時間は持ちますよ!とか書かれてるくらいです。

 

実際にいままで使っていて「あぁ…もう充電切れたよ…」みたいになったことはないですね。

 

また、充電時間に対して持つ時間がめちゃ長いので正直定期的に充電しとけば、充電切れなんかに出くわさないんじゃないかなと思います。

 

 

コンパクト

大きさも重要ですよね。

この『Flip』シリーズは片手に乗せられるくらいのサイズなので全然邪魔になりませんし、

お風呂場など置く場所が限られてそうな場所でも置きやすいのでGoodですね。

 

また、これだけ小さいと持ち運びもしやすいので出先で使いたいからカバンに放り込んでおくみたいなのも軽々できます。

 

僕自身、お風呂での使用だけでなく外出先に持ち出したりとかも何度かやってますね。

 

 

『Flip』シリーズ(Bluetoothスピーカー)のデメリットは?

f:id:otomata:20191013164029p:plain

ここまで良いと思った点をいくつか書いてきましたが、

こういうのってもちろん良いことばかりじゃないですよね。

 

なので実際に使っていて「ここあんま良くないな」って思った部分も挙げてみます。

 

ちなみにここで書くのはJBLの『Flip』シリーズだけってよりはBluetoothスピーカーやその他の無線端末でもありがちなことだったりするので、

単純にそういったデバイスを使う予定がある人にも参考になるかと思います。

 

デメリット1.ボタンの反応に少し時間がかかる

これは使ってみないとなかなかわからない部分だと思うのですが、『Flip』シリーズや多くのBluetoothスピーカー・デバイスには操作用のボタンとかが付いてるんですよね。

 

『Flip』シリーズなら再生ボタンボリュームボタンなど。

 

そういったボタンって大体押してもその瞬間に効かないんですよね。

感覚的には0.5~1秒くらいかかるかなって感じです。

 

なので、あんまりいないとは思いますけど

ボタンがすぐ効かない!?そんなの嫌なんだけど!?

って人はおとなしく有線スピーカーを使うか、スマホから直接音を鳴らした方がいいですね(笑)

 

 

デメリット2.あんまり距離が離れると繋がらない

これもなんかBluetoothデバイスを使うなら常識的な部分ではありますが、不便に感じる点でもあります。

 

コレに関しては精密な検証まではしていませんが、大体スピーカーと発信側の端末(スマホ等)が3mくらい離れるとキツイかなって感じですね。

 

ただBluetoothって日に日に進化してて、僕が始めてBluetoothに触れたのは7、8年前くらいなんですけど、

その時はモノによっては1mちょっと離れるだけでも音がブツブツいってましたから、それと比べたらかなり発達したなと思います。

 

 

オススメな使い方:『お風呂』や『プレゼン』用

f:id:otomata:20191020163549p:plain 

最後にこの『Flip』シリーズのオススメな使い方みたいなのも紹介しようかと思います。

 

オススメは見出しのとおりなのですが

  • お風呂
  • プレゼンなどの発表用

みたいな感じになります。

 

 

お風呂』っていうのに関しては防水機能が充実してるのが理由です。

また、僕自身それメインで1年近く使ってるっていう実績みたいなのもありますね。

お風呂中に音楽を聴くというか浴びるの結構気持ちいいですよw

 

 

次に『プレゼンなどの発表用』ですが、これも凄くいいと思うんですよね。

この『Flip』シリーズって先にも書いたように音もいいですし、小さいサイズの割に結構な大きさの音量が出せるんですよね。

またコンパクトなので持ち運びもしやすいかと思います。

 

 

他にも使い方は沢山あって、挙げていけばキリがないと思うので割愛しますが、

メリットも多く使用用途の可能性も非常に大きいと思いますので様々な場面で活躍することが出来るんじゃないかなと思っています。

 

気になる方はぜひ一度家電量販店などで触って聴いてみてほしいですね。

個人的ですけど激推しですb

 

 

おわり

ということで『JBL Flip』シリーズについて話してみました。

こういう単一の商品レビューというか紹介みたいな記事久々だったので面白かったです。

また何かアイデアや要望があればやっていきたいですね。

 

では今回はこの辺で!さいなら。