音又空間’

趣味全開!DTM、シンセサイザー、エトセトラエトセトラ…

子どものゲームの禁止による教育の失敗例~2人の友人の話~

どうも音又です。

最近ネット上で『ゲーム禁止』みたいな話題を見かけて気になったので久々に記事を書いてみようと思います。

 

ちなみに今回は実際にいる僕の友人2人を例に上げて書いてみます。

なかなか生々しいソースなので、参考になったりならなかったりすると思います。

 

 

一人はニート、一人は自衛隊員に

f:id:otomata:20200112115436p:plain

僕には幼少期から友人のAくんとBくんがいます。

2人ともゲームが大好きで学校でもゲームをネタに話すことは多かったです。

 

休日には僕含め彼らと公園でゲームをしまくったりとかもしてましたねw(今思えばわざわざ公園に行く理由はあったのか疑問ですが)

 

そんなAくんとBくんですが、結論からいいますと今は

Aくんは実家でヒキニートを、

Bくんはバリバリに自衛隊員を、

やっています。

 

彼らの違いは?

今でこそかなり違う人生を進むことになってる彼らですが、さして周りの環境に差があったわけではなく、

経済的にも似たりよったりであまり裕福ではなく、親はとても厳しくてなんなら反抗するとオモクソぶん殴られたりもしてました。

というか僕も含めてあの辺に住んでる友達はだいたいそんな環境でした。

 

ただ彼らには唯一違う点がありまして、

それがゲームで遊ぶことの制限でした。

 

ゲームは一日30分、バレると半年没収

先述した通り、みんなゲームが大好きだったのですが、

Aくんはゲームは一日30分ルールがあったみたいで、家じゃゲームやりまくれないからってバレないようによく遊びに来たりしてたんですよね。

 

それだけでも結構可哀想だったんですが、さらに30分超えて遊んでたのがバレるとゲームを完全没収されてたんですよね。

そうなると大体返してもらえるまでの1ヶ月くらい「没収されてゲームできねぇ~」って嘆きながら僕らのゲームを遊びにくるんですけど、

 

たまにヒドいと半年くらい没収されてるときがあってその時は流石に僕も子どもながら

「Aの親やりすぎじゃね…」ってドン引いた記憶があります。

 

決定的に変わった高校時代

そんな少年時代をみんなで過ごしまして、高校進学まで時間が進むんですけどその頃になると、

Aくんは実家を出て高校で寮ぐらしを

Bくんは地元の高校で引き続き実家ぐらしを

する感じになってました。

 

まぁみんな進路はバラバラになったこともあって別に気にしてなかったんですけど、

どうやらAくんはそこで実家の制約から解き放たれたことで、狂ったようにゲームにハマりだしたんですよね。

高校の寮がPCとかゲームやるのが全然ありだったみたいで好きあらばゲームばっかしてた印象がありました。

 

ちなみにBくんも高校でもゲーム好きは健在で、度々流行りのゲームの話なんかをメールでやりとりしたりしてました。

思えばその頃から高校出たら自衛隊になるとか言ってましたね。すごい。

 

爆発からのニートコース

f:id:otomata:20200112115542p:plain

さて、そこからのAくんのニート化は非常にスムーズで

高校でゲーム廃人化

学校をサボりだす

寮を抜け出す

退学

実家ニート

 

てな感じでトントン拍子で気づいたら「あ、オレ今ニートだよ」って言ってました。

それからはAくんはもうニートにゲーム三昧で、Aくんの親も折れたのかそこまで注意とかしなくなったみたいに言ってましたね。

 

そして現在

そんなこんなありまして、僕らもいい歳になっちゃったんですけど

Aくんは今もニートゲーマーで、

Bくんは元気に自衛隊やってます。

 

彼らが今後どうなるかはわかりませんが、友人としては普通に2人とも応援したいですねぇ…

 

まとめ:制限しすぎからの爆発パターンはマジでやばい

f:id:otomata:20200112115617p:plain

Aくんの例を見てもわかるようにあまりゲームや趣味を制限しすぎると、あるタイミングで爆発して廃人化してしまう可能性が十分にあるので、

もし今子育てをしてて、子どもがゲーム好きだって人は程よく注意したほうがいいんじゃないかと思います。

 

むしろBくんなんて少年時代は家行ったらいつもゲームしてた印象がありますが、

「え、別に親にはなんも言われないよ?」とか言ってましたね。

 

ある程度自由にやらせたほうが自分自身での抑制方法なんかも身につくのかもしれないですね。

 

おわり

ということで今回はゲームの禁止について、2人の友人を例にいろいろと書いてみました。

もちろんこれだけが全てではないので他にもいろんなパターンはあると思います。

実際Aくんみたいに少年時代制限されまくってても普通に自分で抑制方法をみつけて、今は実生活に支障が出ない程度で遊んでる人も沢山見かけますので。

あくまで一つの例として参考にしてもらえればなと思います。

 

てなわけで今回はこの辺で。さいなら。